ニュース 仮想空間

ディスニーの子供向け仮想空間「Club Penguin」、新サービス移行のため3/29にサービス終了

投稿日:

ディスニーの子供向け仮想空間「Club Penguin」、新サービス移行のため3/29にサービス終了

ディズニー・インタラクティブ傘下の子供向け仮想空間「Club Penguin」の運営チームが、スマートフォン/タブレット向けの新サービス「Club Penguin Island」に移行するため3月29日を以て「Club Penguin」とそのスピンオフゲームの提供を終了すると発表した

「Club Penguin」は、2005年にカナダ・ケロウナを拠点とするNew Horizon Interactiveが立ち上げた子供向けの2D仮想空間。6〜14歳の子供を対象としており、ユーザーはペンギンのアバターを操作して着せ替えをしたり、様々なミニゲームで遊んだり、他のユーザーとのコミュニケーションが楽しめる。収益モデルは無料アカウントよりも多くのコンテンツや機能が楽しめる「有料アカウント」の会費とグッズ販売で、2007年にディズニーにより3億5000万ドル(約418億円)で買収されて以降もそれまでと変わらずサービスを続け、その後スピンオフ作品的なNintendo DS向けソフトやスマートフォン向けゲームアプリも複数リリースした。
なお、既に現行版の「Club Penguin」の新規ユーザー登録は停止されており、その変わりモバイル向けの後継サービス「Club Penguin Island」の事前登録受付が行われている。

-ニュース, 仮想空間
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.