VR ニュース

Cerevo、世界初の触感センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim」を開発

投稿日:

Cerevo、世界初の触感センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim」を開発

株式会社Cerevoが、世界初の触感センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim(タクリム)」を開発し、米国時間1月3日開催の「CES Unveiled」と1月5日より開幕する世界最大級の家電見本市「CES2017」に開発中の実機を出展する。ブースNo.は”Sands, Halls A-D #43412”。

Cerevo、世界初の触感センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim」を開発

Taclimは、左右それぞれの手で持つグローブ部と靴のように装着するシューズ部がセットになった入出力両対応のVRデバイス。それぞれに日本電産セイミツ株式会社との協業によりTaclim用にカスタマイズした最新鋭のタクタイル・デバイスが合計8つ搭載されており、VR空間の映像や音声に合わせてシューズとグローブが触感をフィードバックすることで、ユーザーはヘッドマウントディスプレイによる視覚・聴覚に両手両足の触覚を加えてVRの世界をより深く体感することができる。
タクタイル・デバイスは振動の種類を自在に変更することでき、砂漠、草原、水辺といった地面を踏みしめたときの触感の違いや、キャラクターが装着している靴の種類による感覚をVR空間で再現可能。また、装着者の手足の動きを内蔵する9軸センサーがとらえ、VR空間内に反映するVR用入力デバイスとしても機能する。
「CES 2017」では、ジェムドロップ株式会社が1月末にリリース予定のPlayStation VR向けソフト「ヘディング工場 (英題: Headbutt Factory)」を題材に、同社がTaclim向けに新規開発したVRゲーム「Taclim demonstration with Headbutt Factory」をデモ環境として用意する。同タイトルはTaclim発売時にも無償で提供する予定。
発売は2017年秋頃、価格は10~15万円程度を予定しているとのことで、利用シーンに合わせて通信方式の異なる2種類のバージョンを用意。手軽かつ安価にTaclimを体験できるBluetooth Editionのほか、大規模な人数や多数の参加者が集まるイベントなど、電波が混雑した環境でも安定した通信が行なえる920MHz帯に対応した「Sub-giga Edition」の2モデルを展開する。
同社では今後Taclim向け開発環境をUnityプラグインとして提供し、触感データについてもいくつかの基本的な触感をサンプルデータとして公開するという。

Cerevo、世界初の触感センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim」を開発

スペック(開発中のため変更になる可能性があります)
搭載センサー:
9軸(加速度、角速度、地磁気)
タクタイル・デバイス数:
8(グローブ部1×2、シューズ部3×2)
ワイヤレス接続:
BLE(Bluetooth 4.1)、
Sub-GHz(Japan 920MHz/USA 815MHz/Euro 868MHz)
充電方法:
Micro USB
利用時間:
約2時間(2秒に1回振動した場合)
充電時間:
約3時間
本体サイズ:
シューズ部 290×100×140mm(W×D×H)
グローブ部 50×50×147mm(W×D×H)
重量:
シューズ部 未定
グローブ部 未定

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.