VR ニュース

RICOH、CES2017にあわせ24時間駆動可能な360°カメラ「RICOH R Development Kit」を発表 CES会場からのライブ中継も実施

投稿日:

RICOH、CES2017にあわせ24時間駆動可能な360°カメラ「RICOH R Development Kit」を発表 CES会場からのライブ中継も実施

株式会社リコーが、1月5日より開幕する世界最大級の家電見本市「CES2017」にあわせ24時間駆動可能な360°ライブストリーミングカメラ「RICOH R Development Kit」を発表した。出荷は2017年春頃の予定。

「RICOH R Development Kit」は、フルHD解像度で30fpsの360°映像を出力するVRカメラ。2つの魚眼レンズとモノラルマイクを搭載しており、カメラ内でリアルタイムスティッチングする。映像はHDMIまたはUSBに出力し、マイクロSDカードに映像データを保存できる。USB経由で映像設定のコントロールも可能で、PC/Mac用の映像コントロールツールが用意され、さらにそのソースコードは公開される予定とのこと。
同社ではCES2017で同製品のプロトタイプを出展するほか、CES会場から360°映像のライブストリーミングも実施する。視聴はこちらから(現地時間の1月5日より)。出展ブースNo.は”South Hall 2 - #26717 (Gaming & Virtual Reality Marketplace)"。

「RICOH R Development Kit」スペック
映像品質:
1920 x 960, Equirectangular Projection, 30fps
*フルHD出力のため垂直解像度を1080ストレッチ
HDMI映像出力:
フルHD, 59.94i
USB映像出力:
(詳細仕様未定)
映像出力端子:
マイクロHDMIタイプD, マイクロUSB
音声出力:
内蔵モノラルマイク
映像記録メディア:
マイクロSDカード  *32GBまで
映像記録フォーマット:
MP4
外部電源入力:
マイクロUSB, 5V/2.1A
動作温度:
0℃~40℃
外形寸法:
46mm(W) x 118mm(H) x 16.6mm(D)

-VR, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.