3Dプリンタ ニュース

カブクと東京大学、3Dプリント領域における技術開発に関する共同研究を開始

投稿日:

カブクと東京大学、3Dプリント領域における技術開発に関する共同研究を開始

株式会社カブクが、形状モデリングを中心としたCADやコンピュータグラフィクスの研究を行っている東京大学大学院情報理工学系研究科の五十嵐健夫教授と、3Dプリンティング領域に対応した3DCG技術開発に関する共同研究を開始した。

カブクは、デジタルものづくり技術をコアテクノロジーとした、ハードウェアとソフトウェアとデザインを融合したプロダクト・サービスの開発を行っている企業。同社のサービスの1つである「Rinkak Business」では法人向けに3Dプリント技術のソリューションを提供しており、デジタルクリエイターが世界で活躍するにあたってのサポートや、産官学連携による先端技術研究などにも携わっている。2014年には電通との業務提携を行い、トヨタ、ロフト、コンランショップ、カルピス、フジテレビ、TBS、博報堂と協業。「Rinkak Factory」では、3Dプリンター製造する工場向けのクラウド基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(Rinkak 3D Printing MMS)」や、世界中の顧客から3Dプリントの製造受託ができるパートナープログラムを提供している。また3Dプリントサービス「Rinkak Marketplace」は、アジア最大級の3Dプリント製品のマーケットプレイスに成長しているという。
今後同社ではこの共同研究を通して、3D形状の表示・生成・補完・補修または編集などの要素技術を開発し、デジタルものづくりの新たな可能性を模索していくとしている。

-3Dプリンタ, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.