ドイツの3D仮想空間「Twinity」、パブリックβ版を公開

   2015/12/31

ドイツの3D仮想空間「Twinity」、パブリックβ版を公開

今までクローズドβテストを行っていたドイツの3D仮想世界「Twinity」がパブリックβヴァージョンに移行した。現在、サイト上から誰でも参加できるようになっている。

「Twinity」は実際のドイツ・ベルリン市を3D仮想空間として再現したサービスで、ユーザーは自分のアバターを作り、アパートに部屋を借り、ショッピングや観光をしたり、アバターを着せ替えたり、部屋の模様替えをしたり、他のユーザーとチャットで交流が楽しめる。このパブリックβ期間中は随時アップデートが行われるとのことで、Twinityを運営するMetaversumではこれまで以上にユーザーからの不具合の指摘や提案を受け付けるとしている。なお、今後はワールド内に”仮想ベルリン”だけでなく、仮想ロンドンや仮想シンガポールなど多くのエリアをオープンする予定とのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.