VR ニュース

Microsoft、複合現実ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者版を出荷開始

投稿日:

Microsoft、複合現実ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者版を出荷開始

Microsoftが、アメリカとカナダにて複合現実(MR)対応型ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者版の出荷を開始した。価格は3000ドル(約33.7万円)。

複合現実(MR)とは、現実空間と3DCGなどのデータを混合し、現実と仮想がリアルタイムに影響し合う空間を構築する技術。「HoloLens」はVRゴーグルのように頭にかぶり、現実の風景をベースに様々なコンテンツが楽しめるヘッドマウントディスプレイで、完全に仮想空間に没入して臨場感を味わうのではなく、あくまでも現実世界の上でコンテンツを楽しめるのが特徴となっている。
Microsoftは、HoloLens開発者版リリースに合わせて天の川を様々な角度から観察できるオープンソースのデモアプリ「Galaxy Explorer」をGitHubにて公開した。またHoloLensがなくても「Visual Studio 2015」でHoloLens用コンテンツを開発できるツール「HoloLens Emulator」も公開した。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.