ゲーム ニュース

HEROZ、AI活用を拡大するため1億円を調達

投稿日:

HEROZ、AI活用を拡大するため1億円を調達

HEROZ株式会社が、レオス・キャピタルワークス代表取締役社長の藤野英人氏を主要投資家とした一二三(ひふみ)インキュベートファンド有限責任事業組合を第三者割当先とする1億円の資金調達を実施した。

HEROZは人工知能(AI)などの技術を活用したサービスの企画・開発・運営を行う企業で、AIを用いたオンラインボードゲーム「将棋ウォーズ」「CHESS HEROZ」「BackgammonAce」などを運営している。同社のAI研究者は過去3名が将棋電王戦に出場しており、うち2名はコンピューター将棋選手権で優勝するAIを開発するなど、全社的にAIの研究に注力している。
今回の資金調達は、エンジニアの採用による人工知能研究体制の強化や将棋・チェス・バックギャモンなどAIを活用した頭脳ゲーム領域やその他ビジネス領域の拡大を目的に行われたもので、特にフィンテック(金融IT)分野では、既に大手金融機関との協業で同社の人工知能技術が活用されるなど収益化にも成功しているとのことで、同分野における研究開発も今後一層強化していくとしている。

-ゲーム, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.