イベント ゲーム ニュース

日本科学未来館、2016年3月よりゲームがテーマの企画展「GAME ON~ゲームってなんでおもしろい?~」を開催

投稿日:

日本科学未来館、2016年3月よりゲームがテーマの企画展「GAME ON~ゲームってなんでおもしろい?~」を開催

東京・お台場にある日本科学未来館が、2016年3月2日から5月30日までゲームがテーマの企画展「GAME ON~ゲームってなんでおもしろい?~」を開催する。

「GAME ON」は、2002年に英・ロンドンのバービカン・センターでの開催以来世界中にて巡回開催され200万人以上を動員している企画展。日本初開催となる本展では、1970年代に登場し大ブームを巻き起こした「スペースインベーダー」や「PONG」など、創成期から最新のゲームまで150タイトル以上が一堂に介し、実際にゲームをプレイできる形で展示されるという。さらに、東京展オリジナルコンテンツとして、「ゲームは現実へ」をサブテーマに、「バーチャルリアリティ」「人工知能」「ゲーミフィケーション」なども取り上げられる予定。開催概要は以下のとおり。

企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」

本展は、コンピュータやインターネットなどの情報技術とともに進化をつづけ、世界中のエンターテイメントを変えたコンピュータゲームの歴史を一望し、その社会的・文化的意味、そして未来について考える企画展です。2002年に英・ロンドン市のバービカン・センターでの開催以来、世界中を巡回し200万人以上を魅了してきました。

日本初開催となる本展では、1970年代に登場し大ブームを巻き起こした「スペースインベーダー」や「PONG」など、創成期から最新のゲームまで150タイトル以上を一堂に集め、実際にゲームをプレイできる形で展示します。
そして、「ゲームってなんでおもしろい?」をテーマとして、誰しもの記憶にある「ハマる体験」をもたらした、物語、テクノロジー、開発手法、ゲーム体験を受け取る脳の仕組みなど、さまざまな角度から「ゲームがおもしろい理由」に迫ります。

さらに、東京展オリジナルコンテンツとして、「ゲームは現実へ」をサブテーマに、「バーチャルリアリティ」、「人工知能」、「ゲーミフィケーション」などを取り上げます。教育やビジネスなど現実社会に浸透しているゲームの手法や特性を紹介することにより、ゲームの持つポジティブな価値や意義を再発見し、その未来を考えます。

コンピュータゲームは、国際的に共通の文化、遊び、産業、コミュニケーションを生み出し、社会へ大きな影響を与えてきました。ゲームはゲームの領域を超え、現実との接点を作り、コミュニケーションをますます活発化させています。今だからこそ「ゲームがおもしろい理由」に焦点をあてた本展にどうぞご期待ください。

タイトル:企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」
会期:2016年3月2日(水)~5月30日(月)
開催時間:午前10時~午後5時(入場券の購入および会場への入場は閉館時間の30分前まで)
場所:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン
休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)
入場料(予定):大人1500円、小学生~18歳以下 750円
主催:日本科学未来館、フジテレビジョン、角川アスキー総合研究所

-イベント, ゲーム, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.