タグチ工業、「お台場夢大陸」に次世代の重機型巨大ロボット「SUPER GUZZILLA」を出展

 

タグチ工業、「お台場夢大陸」に次世代の重機型巨大ロボット「SUPER GUZZILLA」を出展

株式会社タグチ工業が、重機型巨大ロボット「SUPER GUZZILLA(スーパーガジラ)」を開発し、7月18日(土)~8月31日(月)に開催されるフジテレビの夏の大型イベント「お台場夢大陸~ドリームメガナツマツリ~」内の「タグチ工業 スーパーガジラお台場基地」に出展する。

SUPER GUZZILLAは全長7m超、高さ約3.5m、横幅約3m、総重量約15トンの巨大ロボットで、両方の腕が自由に動き、コックピットには1名が搭乗できる。コックピット内では、VRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を装着し、爆発寸前の汚染施設から脱出するストーリー「GUZZILLA VR」が体感できる。ストーリーに応じてシートが動くといった連動機能も有しており、パイロット(搭乗者)の指揮を取る“司令長”役には声優の細谷佳正さんが起用されている。なお、VR制作・コンテンツ企画は株式会社カヤックが担当している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket