ニュース 仮想アイテム

LINE、ユーザーが制作したスタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」の販売・利用実績を公開

投稿日:

LINE株式会社が、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」  における5月8日〜6月7日までの販売・利用実績を公開した。

「LINE Creators Market」は、世界中のLINEユーザーがLINEスタンプを制作・販売することができるプラットフォーム。クリエイターが制作したスタンプはLINEによる審査を通過後、「LINE ウェブストア」やLINE内スタンプショップにて販売・購入することができ、スタンプ販売額のうち約50%がクリエイターに分配される。

LINE、ユーザーが制作したスタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」の販売・利用実績を公開1

同社によれば、2014年4月17日からクリエイターおよびスタンプの登録受付を開始して以降、6月7日時点で登録クリエイター数は80,000人、登録スタンプ数は12,000セットをそれぞれ突破しているという。

LINE、ユーザーが制作したスタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」の販売・利用実績を公開2

また、5月8日より審査が完了したスタンプの販売・購入が可能となって以降、6月7日までの1ヶ月間で販売を開始したスタンプ総数は1,200セット、購入されたスタンプ総数は170万セットを記録し、クリエイターズマーケット全体の販売総額は1億5千万円を突破。なかでも販売金額上位のスタンプ平均販売額は、売上10位までの平均が470万円、30位までが260万円、100位までが120万円、200位までが70万円となっており、多くのユーザーに購入されている。さらに、スタンプ1セットあたりの販売額比率で見ると、販売中のスタンプ総数のうち61.7%が1万円を突破するなど、販売額上位以外のスタンプも広く購入・利用されているとのこと。加えて「LINE Creators Market」で販売されたスタンプがユーザー間で送信された回数は8,100万回以上にのぼり、クリエイターの作品が多くのユーザーの目に触れ、コミュニケーションツールとして使用される機会が拡大していることが伺える。

-ニュース, 仮想アイテム
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.