アクセスブライト、スマホゲーム版「ロボットガールズZ」の中国展開について東映アニメーションと業務提携

 

アクセスブライト、スマホゲーム版「ロボットガールズZ」の中国展開について東映アニメーションと業務提携

株式会社アクセスブライトが、東映アニメーション株式会社と同社のアニメ「ロボットガールズZ」を題材にしたスマートフォン/タブレットけゲームの中国展開について共同開発・運営を行う業務提携を行った。ゲームのリリースは2014年秋を予定している。

「ロボットガールズ」は大空魔竜ガイキングなど往年のスーパーロボットを美少女化したコンテンツで、東京国際アニメフェア2009で初お披露目されて以来、DVDのプロモーションガールやWEB掲載の4コマ漫画で人気を集めてきた。「ロボットガールズZ」は、生誕40周年を迎えたマジンガーZ、グレートマジンガー、UFOロボグレンダイザーの美少女化キャラがメインとして活躍する。
今回の業務提携は、多くのユーザーを惹きつける東映アニメーションの作品と、中国において強みを持つアクセスブライトのゲーム開発・運営力の融合により、効果的に中国市場で事業展開をすることを目的としているとのこと。一方中国では、東映アニメーションの作品は広く人気を博しているものの許諾を得ていない海賊版が横行している状況で、今後両社は協力して海賊版を撃退し中国ユーザーに正式版を提供していくとのこと。その第一弾として「ロボットガールズZ」を題材にしたモバイルゲームの中国での開発・運営を実施する。開発・運営はアクセスブライトの中国子会社が担当し、東映アニメーションはゲームの監修及びプロモーションのサポートを行う。

(C)ダイナミック企画・東映アニメーション
(C)松本零士・東映アニメーション
(C)ロボットガールズ研究所

ロボットガールズZ 音楽集
ロボットガールズZ 音楽集

ロボットガールズZ VOL.1 [Blu-ray]
ロボットガールズZ VOL.1 [Blu-ray]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket