LINE MALL、2週間の新規ダウンロード数が100万件を突破 新規出品数も10万点を突破

 

LINE MALL、2週間の新規ダウンロード数が100万件を突破 新規出品数も10万点を突破

LINE株式会社が、同社が運営するメッセージングアプリ「LINE」にて提供中のスマートフォン向けECサービス「LINE MALL」において、販売手数料の完全無料化及びiOS版の公開を実施した3月6日〜19日までの2週間で、新規ダウンロード数が100万件を突破し、さらに新規出品数も10万点を突破したと発表した。

「LINE MALL」とは、LINEユーザーであれば誰でも手軽に商品を売買できるスマートフォン向けフリマアプリ。発表によれば、販売手数料を完全無料化したことにより出品障壁が下がったため新規出品数が10万点を突破したとのことで、さらに出品者数・出品数の増加が購入者の多様なニーズに応えることに繋がり、2週間で2万件を越える取引が成約し成約率は20%以上を記録したという。

また、同社が3月7日より開催している「LINEセール」では、国内外の商品を扱い、開催時の商品告知を「LINE」内の「LINEセール」公式アカウントからのプッシュ通知で行うことで、3月23日までに出品された商品のうち77.4%が完売するなど好調で、中には発売後すぐに完売してしまう商品も多数あるとのこと。一方、人気の最新家電や有名ブランド品などの豪華賞品にユーザーが買いたい値段を自由に決めて参加するゲーム感覚のお買い物企画「チャンスプライス」には、初回開催の3月19日からの7日間で合計約45万人のユーザーが参加している。
今後同社では「LINE MALL」の正式オープンに向けて、ユーザーのニーズに応える機能や商品のさらなる拡充に取り組んでいくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket