アクロディアの韓国市場向けソーシャルゲーム「クターといっしょ!for Kakao」、50万ユーザーを突破

 

アクロディアの韓国市場向けソーシャルゲーム「クターといっしょ!for Kakao」、50万ユーザーを突破

株式会社アクロディアが、同社の連結子会社であるAcrodea Korea, Inc.が韓国のメッセージングアプリ「KakaoTalk(カカオトーク)」のゲームプラットフォーム「Kakao Game」にて提供中のソーシャルゲーム「クターといっしょ!for Kakao」(iOS/Android)のユーザー数が50万人を突破したと発表した。

クター」は今年で15周年を迎える株式会社ギガ連射の猫キャラクターで、PCゲームとして韓国をはじめ多くのアジアユーザーに知られ今でも根強い人気を誇っている。
「クターといっしょ!for Kakao」は、ゲームの主人公である無表情キャラのクターやその仲間たちが一緒に暮らす島テクノアイランドを舞台にした、様々なミニゲームがプレイできるソーシャルゲーム。ユーザーは最大15人のチームを組み、チーム同士で順位を争う「学校リーグ」を通じてカカオトークの友達と一緒にソーシャルリーグに参加することができる。先月末にリリースされたばかりだが、韓国App Storeの無料ゲームカテゴリで1位を記録し、Google Playの同カテゴリーでも最高第5位〜10位前後をキープしている。またカカオトークのおすすめゲームとしてフィーチャーされており、リリースから20日未満で50万ユーザーを達成した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket