WhatsApp、第2四半期に音声通話機能も提供

 

WhatsApp、音声通話機能も提供

Reutersが伝えるところによれば、先日Facebookに190億ドルで買収されたスマートフォン向けメッセージングアプリ「WhatsApp」が音声通話サービスも提供する予定だという。

「WhatsApp」は米カリフォルニアに拠点を置くWhatsApp Incが2009年5月より提供しているシンプルなスマートフォン向けメッセージングアプリで、現在4億5000万ユーザーを有し北米で絶大な人気を誇っている、競合他社のようにゲームやスタンプなどは提供しておらず、利用1年目は無料で2年目から年会費0.99ドルを徴収する収益モデルとなっている。
Reutersによれば、WhatsApp CEOのJan Koum氏はスペイン・バルセロナにて開催中のイベント「Mobile World Congress」のカンファレンスにて今年の第2四半期に音声通話機能を追加すると発表。併せてドイツの携帯電話会社のE-Plusと業務提携を行い、今後ドイツにてWhatsAppブランドのサービスを提供し北米以外の市場にも進出すると共に10億ユーザーを目指すとも語ったとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket