VR イベント ニュース

バーチャル空間で展開する3Dモデル展示即売会「バーチャルマーケット」が再び開催決定!

投稿日:

バーチャル空間で展開する3Dモデル展示即売会「バーチャルマーケット」が再び開催決定!

有限会社フナコシステムおよびVR法人HIKKYが、VR空間での3Dモデル展示会「バーチャルマーケット2」を2019年3月8日、9日、10 日の3日間に渡り開催すると発表し、その出展者募集を開始した。

バーチャルマーケットとは、来場者が会場に展示された3Dアバターや3Dモデルなどを自由に試着、鑑賞、そして外部サイトを利用して購入できる仮想空間上の展示即売会。主催はVtuber/Virtual-tainerとして活躍している「動く城のフィオ」(VR法人HIKKY所属)で、氏の居住地でもあるソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」上で開催される。
「仮想空間で活躍するクリエイターを繋げる場所作り」を目指し2018年8月26日に開催された「第1回バーチャルマーケット」には全77サークルが出展。同時接続数は700人を超え、Twitterのトレンドランキングでも1位を獲得するなど、VRChat史上最大級のイベントとなった。
今回は、募集サークル数を前回実施時の80ブースから大幅増の400ブースまで拡大。展示即売会でありながら、事前にあらかじめ3Dモデルで構成されたブースを入稿する形式となるため、全世界どこからでも、当日参加することができなくても出展することができる。
また、様々なジャンルの出展物に対応するため、VRChatで活躍する最前線のワールドクリエイターを起用し、ジャンル別にマーケットの入場ゲートとなる「VMエントランス」、サイバーな近未来をイメージした「Future Terminal」、ファンタジーと中世、魔法の世界をイメージした「異世界マルシェ」、ふわふわ可愛いケモノたちの世界「モクリバザール」、和風とスチームパンクが融合した「絢爛博覧会」、そして幾何学模様と色彩でバーチャル世界を表現する「バーチャルミュージアム」と6つの会場を新設する。6つの会場には、ワールドの世界観に応じた独自のギミックを搭載する予定で、来場者はブースを巡るだけでなく、様々なイベントを楽しめ、さらに企業専用の出展プログラムも用意される予定とのこと。

◇会場ワールド名(名称は変更になる場合あり)
・バーチャルミュージアム(ノンジャンル)
・Future Terminal(サイパーパンク)
・異世界マルシェ(中世・ファンタジー)
・モクリバザール(kawaii・ケモノ)
・絢爛博覧会(和風・スチームパンク)
・VMエントランス(入場ゲート)

<バーチャルマーケット2 概要>
開催日:2019年3月8日・9日・10日(全3日間)
開催場所:VRChat内特設ワールド
公式サイト:http://v-market.work/
公式Twitter:https://twitter.com/VMarket2019

バーチャルマーケット実行委員会
主催:動く城のフィオ(https://twitter.com/phio_alchemist
副主催:水菜(https://twitter.com/mizunana_T
運営協力:さわえみか(https://twitter.com/SawaeMika
新津佑介 (https://twitter.com/y_sukesuke
VR法人HIKKY(https://twitter.com/HIKKY_Official
ワールド制作 :モスコミュール(https://twitter.com/Moscow_ojisan
番匠カンナ ( https://twitter.com/Banjo_Kanna)
RootGentle (https://twitter.com/rootgentle)
Sig (https://twitter.com/sleepyslowsheep)
ヨッシャ ( https://twitter.com/yoshino_alice2 )
つくしあきひととモクリプロジェクト
技術アドバイザー: ナル( https://twitter.com/momoma_creative )
自立( https://twitter.com/zi_zi_neet )
ちう( https://twitter.com/ChiuGameProject )
Hatsuca( https://twitter.com/hatsuca_vr )
配置・製作協力:車軸制作所 ( https://twitter.com/shajiku_works )

-VR, イベント, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.