ワンオブゼム、シリーズBラウンドにて計3.5億円調達

 

ワンオブゼム、シリーズBラウンドにて計3.5億円調達

株式会社ワンオブゼムが2014年1月30日付けで第三者割当を実施し、既存株主である株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズなど海外投資家を含めた計5社より総額約3.5億円の資金調達を行った。

ワンオブゼムは2011年1月に設立されたスマートフォン向けゲームディベロッパーで、スマートフォンを中心としたコンテンツを自社にて企画開発、独自IPを生成することに特化し、国内外のチャネルにむけて提供している。2011年10月にシリーズAの資金調達を実施し東南アジアに開発スタジオ設立し、2013年2月に同社の看板タイトルとなるスマートフォン向けディフェンスゲーム「ガチャウォリアーズ」をリリースした。同タイトルはリリース翌月にiOS無料ランキングで1位を獲得し、後にGooglePlayにて国内外30カ国以上でピックアップされるなどし、現在では200万ダウンロードを突破する人気タイトルとなっている。
同社では3月に「ガチャウォリアーズ」の大幅リニューアルを実施し、年内にネイティブゲームタイトルを3本リリースする予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket