写真がすぐ消えるスマホ向け写真共有&メッセージングアプリ「Snapchat」、新たに5000万ドルを調達

 

写真がすぐ消えるスマホ向け写真共有&メッセージングアプリ「Snapchat」、新たに5000万ドルを調達

Tech系メディアのTechCrunchが伝えるところによれば、アメリカのスマートフォン向け写真共有&メッセージングアプリ「Snapchat」が、シリーズCの資金調達ラウンドにて新たに5000万ドルの資金調達を行ったという。

Snapchatは米ロサンゼルスに拠点を置くSnapchat, Inc.が2011年9月より提供しているスマートフォン向けアプリ。画像や動画を添付して他ユーザーとコミュニケーションすることに特化したサービスで、ユーザー自身がメッセージを閲覧できる時間を最長10秒まで設定でき、閲覧後は受信者の端末からも企業のサーバーからも完全に削除されるのが特徴。その手軽さが若者を中心に支持されており、現在1日あたり約4億件ものメッセージがやりとりされているとのこと。
Snapchatは今年6月のシリーズラウンドでも6000万ドルを調達している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket