アプリ ニュース

写真がすぐ消えるスマホ向け写真共有&メッセージングアプリ「Snapchat」、さらに6000万ドルを調達

投稿日:

写真がすぐ消えるスマホ向け写真共有&メッセージングアプリ「Snapchat」、さらに6000万ドルを調達

Tech系メディアのVentureBeatが伝えるとこのろによれば、アメリカのスマートフォン向け写真共有&メッセージングアプリ「Snapchat」が、Institutional Venture Partnersやjoined by General Catalyst、SV AngelらがリードするシリーズBラウンドにて合計6000万ドルの資金調達を行ったという。

Snapchatは米ロサンゼルスに拠点を置くSnapchat, Inc.が2011年9月より提供しているスマートフォン向けアプリ。画像や動画を添付して他ユーザーとコミュニケーションすることに特化したサービスで、ユーザー自身がメッセージを閲覧できる時間を最長10秒まで設定でき、閲覧後は受信者の端末からも企業のサーバーからも完全に削除されるのが特徴。その手軽さが若者を中心に支持され、現在では1日当たり2億件以上のメッセージやチャットがやり取りされているという。なお、同社は今月上旬にも1億ドルの大型増資を行っているが、これらの資金は日々増え続けるトラフィックをサポートするサーバ維持費や人材の確保に使われるとのこと。また今回の増資に合わせソニー・ピクチャーズ エンタテインメント会長兼CEOのMichael Lynton氏が同社の取締役会に加わった。

無料
(2013.06.26時点)
posted with ポチレバ

-アプリ, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.