サイバーエージェント、クラウドソーシング事業のクラウドワークスへ出資

 

サイバーエージェント、クラウドソーシング事業のクラウドワークスへ出資

株式会社サイバーエージェントが、クラウドソーシング事業の株式会社クラウドワークスの第三者割当増資を引き受け出資した。

クラウドワークスは2011年11月に設立されたクラウドソーシングサービスを提供するスタートアップ。サービス開始以来、2013年12月現在までの累計発注社数は約18,000社、登録された仕事の予算総額は50億円を突破するなど急成長を遂げている。
サイバーエージェントグループでは、子会社のサイバーエージェント・ベンチャーズを通じ2011年12月にクラウドワークスへ出資していたが、クラウドワークスの事業成長を理由に、紺んか意クラウドワークスが実施する第三者割当増資を引き受け、サイバーエージェント 投資事業本部から2013年9月30日付で約5億円の出資を実施した。なお、この出資に伴いサイバーエージェントが運営するAmebaとクラウドワークスと事業提携し、第1弾としてAmeba芸能人・有名人ブログのブログデザインに関するコンテストをクラウドワークスのサイト上で実施するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket