フィンランド発のスマホ向けメッセージングアプリ「Jongla」、140万ユーロを資金調達

   2013/11/15

フィンランド発のスマホ向けメッセージングアプリ「Jongla」、140万ユーロを資金調達

フィンランド・ヘルシンキに拠点を置くJonglaが、Oy Ingman Finance Abとエンジェル投資家らから計140万ユーロ(約1.8億円)の資金調達を行った。

フィンランド発のスマホ向けメッセージングアプリ「Jongla」、140万ユーロを資金調達2

Jonglaは、同名のメッセージングアプリ「Jongla」(ヨングラー)を提供しているスタートアップ。「Jongla」はiOS、Android、Windows Phone及びWebブラウザ上でHTML5で動作するメッセージングアプリで、アプリをダウンロードすると端末に登録されている連絡先を自動的に取り込み、ユーザーは無料でメッセージ・チャットのやり取りや画像・動画・位置情報の共有が行える。またサービス開始当初より豊富な種類のアニメーション付きスタンプを配信しているのが特徴で、フィンランドのアーティストが手がけた作品やトーベ・ヤンソンの名作「ムーミン」のスタンプも販売しており、現時点での収益のほとんどはスタンプの売上だという。フィンランド発のサービスだがヨーロッパだけでなくアジアでもユーザー数が伸びているとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket