ジェーン・オースティンの作品世界を体験できる3D仮想空間「Ever, Jane」、Kickstarterにて開発資金を募集中

 

ジェーン・オースティンの作品世界を体験できる3D仮想空間「Ever, Jane」、Kickstarterにて開発資金を募集中

イギリスの小説家・ジェーン・オースティンの作品世界を体験できる3D仮想空間プロジェクト「Ever, Jane: The Virtual World of Jane Austen」がクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」にて開発資金を募集している。目標金額は10万ドル。

ジェーン・オースティンの作品世界を体験できる3D仮想空間「Ever, Jane」、Kickstarterにて開発資金を募集中2

ジェーン・オースティンは18世紀〜19世紀のイギリス郊外の中流社会を舞台とした作品を数多く執筆した小説家。主な代表作として「分別と多感」「高慢と偏見」「エマ」「マンスフィールド・パーク」などが知られている。
「Ever, Jane: The Virtual World of Jane Austen」はそれらジェーン・オースティン作品の世界を体験できるMMORPG的な3D仮想空間。ユーザーは男女どちらかのアバターを選択して自分の性格を設定し、18世紀〜19世紀のイギリスの農村を舞台に、近所の住民(他ユーザー)とゴシップ話に花を咲かせたり、舞踏会や晩餐会に参加したり、狩りや釣り、庭いじり、裁縫、トランプなどのミニゲームをプレイできる。誰かと戦ってランキングを競うような要素は無いが、自分のアバターの性格設定をどうするか、誰とどんなゴシップ話をするか、どのイベントに誰を誘うかなどの選択によって自分の「村の評判」が変動するシステムになっているという。
開発者のJudy L. Tyrer氏はかつてSony Online Entertainmentにて各種オンラインゲームの開発・運営に携わり、3D仮想空間「Second Life」を運営するLinden Labにも籍を置いていた仮想空間業界のベテランで、現在は自身の開発スタジオ
3Turn Productionsを運営している。この「Ever, Jane: The Virtual World of Jane Austen」は3Turn Productionsの第1弾サービスで、開発資金が集まるごとにBGMやアートワーク、機能が拡充されるとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket