Yahoo! JAPAN、3Dプリンタを活用した新コンセプトモデル「さわれる検索」の3Dデータとアプリをオープン化

 

Yahoo! JAPAN、3Dプリンタを活用した新コンセプトモデル「さわれる検索」の3Dデータとアプリをオープン化

ヤフー株式会社が、11月1日(金)「点字の日」に合わせ、9月より実施してきた「さわれる検索」プロジェクトの活動報告と今後の展開について発表した。

Yahoo! JAPAN、3Dプリンタを活用した新コンセプトモデル「さわれる検索」の3Dデータとアプリをオープン化2

「さわれる検索」とは、Yahoo! JAPANの広告全般を統括する部門であるマーケティングソリューションカンパニーが開発・実施している情報を「さわる」ことに発展させたコンセプトモデル。3Dデータベースと3Dプリンタを融合させることにより、音声入力によって認識されたキーワードを3Dプリンタからの出力によって実際の「立体物」を生成しアウトプットするという仕組みになっている。
「さわれる検索」プロジェクトは、9月20日(金)〜10月31日(木)まで筑波大学附属視覚特別支援学校(盲学校)にて実施され、視覚障害を持つ生徒たちが90個以上の「さわれる」を体験したとのこと。生徒たちは自分が知っているものを出力して形を再確認したり、名前は知っているが形のイメージがはっきりしないものを出力し、実際に触ることで自己の認識を補完するなどそれぞれが自由に学んだという。また、法人・個人を問わず世界中から投稿・蓄積されたデータを中心に、約240個の3Dデータが「さわれる検索」マシンから検索可能となった。
なお、Yahoo! JAPANは3Dデータとアプリをオープン化し、「さわれる検索」マシンを筑波大学に寄贈すると決定。今後同マシンは筑波大学の管轄のもと運用され、「さわれる検索」で作成した3Dデータは、 MakerBotの3Dデータ共有プラットフォーム「Thingiverse」にアップロードされる。「さわれる検索」アプリ(音声入力から3D出力までの自動化)はソースコード共有コミュニティサイト「GitHub」にて公開される。さらにMakerBotではこのプロジェクトに賛同し、「さわれる検索」アプリのオープンソース化を記念して、3Dプリンタ「Replicator2」を日本の盲学校に寄贈する予定とのこと進捗はプロジェクトサイトにて随時更新される。

Yahoo! JAPAN、3Dプリンタを活用した新コンセプトモデル「さわれる検索」の3Dデータとアプリをオープン化3

自宅ではじめるモノづくり超入門 ~ 3DプリンタとAutodesk 123D Designによる、新しい自宅製造業のはじめ方 ~
自宅ではじめるモノづくり超入門 ~ 3DプリンタとAutodesk 123D Designによる、新しい自宅製造業のはじめ方 ~

はじめての3Dプリンタ ~3Dデータ作成/出力まるごと体験ガイド (Software Design plus)
はじめての3Dプリンタ ~3Dデータ作成/出力まるごと体験ガイド (Software Design plus)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket