LINEの仮想空間「LINE Play」、グローバル展開開始8ヶ月で海外ユーザーが600万人を突破

 

仮想空間「LINE Play」、グローバル展開開始8ヶ月で海外ユーザーが600万人を突破1

LINE株式会社が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「LINE」に対応したアバターコミュニティアプリ「LINE Play」の海外ユーザー数がグローバル展開を開始してから約8ヶ月間で600万人を突破したと発表した。また、海外ユーザー向けにも分かりやすいデザインへと全面刷新するなどバージョンアップも合わせて実施した。

「LINE Play」は、アバターを作って着せ替えをしたり、他のユーザーとコミュニケーションしたり、自分の部屋「マイルーム」を模様替えしたりできるスマートフォン向けのコミュニティサービス。2012年11月に日本国内でプレオープン後、2013年2月にグローバル対応を開始し、特にアメリカ・台湾・タイ・インドネシアなどで急速にユーザー数が増加しているという。世界7ヶ国でApp Store及びGoogle Play無料総合ランキングにて1位を記録し、グローバル展開を開始してから約8ヶ月間で全世界のユーザー数約1,200万人のうち海外ユーザーは600万人にまで拡大し、世界最大級のアバターコミュニティへと成長している。また、ユーザー数の伸びに加えてサービス内のコミュニケーション量も増加を続けており、昨年11月から現在まで、アバター間で挨拶ができる「ハート」では累計50億個以上のやりとりが行われているほか、画像やテキストで日記を書くことができる「ダイアリー」は累計700万件以上利用されている。
さらに、2013年3月には芸能人・キャラクター・企業などが「公式アバター」として参入し、国内では歌手の浜崎あゆみさんや、グローバルで人気の俳優イ・ミンホさんに加え、ハローキティ、エヴァンゲリオンなどの人気キャラクター、パナソニックなどの企業をはじめとする、21の公式アバターを展開している。
同社では、このグローバルでの利用増加を受けデザインの全面リニューアルを実施。さらに、必要のないアイテムを仮想通貨(ジェム)に換金することができる「リサイクル機能」など新たな機能を追加している。同社では今後も継続的な機能追加・改善を行っていくとしており、さらなるコミュニケーションの活性化と世界でのユーザー基盤の拡大を図るとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket