ニュース 仮想空間

サイバーエージェント、仮想空間「アメーバピグ」にて青少年ユーザー保護を目的に年齢による空間分離を実施

投稿日:

サイバーエージェント、仮想空間「アメーバピグ」にて青少年ユーザー保護を目的に年齢による空間分離を実施

株式会社サイバーエージェントが、同社が運営する仮想空間「アメーバピグ」にて18歳以上と18歳未満とで空間を分離すると発表した。

アメーバピグでは、2012年4月より青少年ユーザーの保護を目的に15歳以下のユーザーに対し他のユーザーとの交流やエリアへのお出かけを不可にするなど一部の機能の利用制限を行ってきた。しかし今回、15歳以下のユーザー専用の空間を切り離すことによりコミュニケーション規制を解放し、規制対象年齢を18歳と拡大したうえで18歳未満と18歳以上のユーザーの空間を分離する。これにより18歳未満のユーザー専用のアメーバピグでは、15歳以下のユーザーも年齢情報によって分離された新しい空間の中でおでかけや他のユーザー(18歳未満)とのコミュニケーションなどが利用できるようになる。さらに同社では、18歳未満専用サービスにおける24時間有人監視でのパトロールの徹底やシステムで入力不可とするチャットでのNGキーワードの拡充、啓発活動を行い、青少年ユーザーがトラブルや犯罪に巻き込まれることを防止していくという。この施策は10月22日(火)のメンテナンス完了後(午前8時ごろを予定)にAmebaへの登録年齢に合わせ行われるとのことで、自動的に18歳未満専用サービス及び18歳以上専用サービスに振り分けられるとのこと。なお、アメーバピグ内のゲーム「ピグライフ」「ピグアイランド」「ピグカフェ」「ピグワールド」については、18歳未満ユーザー専用サービスの提供を開始する10月22日までと同様の条件(15歳以下は利用不可、「ピグライフ」のみ一部機能制限で利用可能)で運営を行い、12月から順次、18歳未満ユーザー専用ゲームとして新たにゲームの提供を行っていくとしている。

-ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.