KLab、日本と欧米のゲームデザインを融合させたiOS向け新作ストラテジーゲーム「Rise to the Throne」を161ヶ国にて提供開始

 

KLab、日本と欧米のゲームデザインを融合させたiOS向け新作ストラテジーゲーム「Rise to the Throne」を161ヶ国にて提供開始1

KLab株式会社が、同社の北米子会社であるKLab Global Pte. Ltd.を通じ日本と中国を除く161ヶ国・地域のApp StoreにてiOS向け新作ストラテジーゲーム「Rise to the Throne(ライズ・トゥ・ザ・スローン)」をリリースした。

「Rise to the Throne」は、各地で戦争が起こり混沌とした中世ベースのファンタジー世界を舞台に、プレイヤーが領主の1人となり世界の覇権を目指して戦友と戦い抜くストラテジーゲーム。日本で人気のある「ギルドバトル」と「カード育成」及び欧米で人気のある「ミニスケープ(箱庭)」と「タクティカルバトル」を融合させたゲームシステムとなっており、世界中のプレイヤーが対戦したり一緒に同盟を組んだりできる。また対戦で相手に勝つと、倒した相手の街を壊してコインを強奪できる略奪の要素もある。今後は追随してAndroid版もリリース予定とのこと。

KLab、日本と欧米のゲームデザインを融合させたiOS向け新作ストラテジーゲーム「Rise to the Throne」を161ヶ国にて提供開始2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket