バンダイナムコゲームス、「たまごっち」のキャラと遊びながらネットの使い方を勉強できる子供向け仮想空間「TamaGoLand」を5/1にオープン


バンダイナムコゲームス、「たまごっち」のキャラと遊びながらネットの使い方を勉強できる子供向け仮想空間「TamaGoLand」を5/1にオープンvsmediaバンダイナムコゲームス、「たまごっち」のキャラと遊びながらネットの使い方を勉強できる子供向け仮想空間「TamaGoLand」を5/1にオープン1

株式会社バンダイナムコゲームスが、同社の看板タイトルの一つである「たまごっち」シリーズのキャラクターを使用した小学生向けの仮想空間「TamaGoLand」(たま GO ランド)の正式サービスを2013年5月1日(水)よりスタートすると発表した。

バンダイナムコゲームス、「たまごっち」のキャラと遊びながらネットの使い方を勉強できる子供向け仮想空間「TamaGoLand」を5/1にオープン2

「TamaGoLand」は、子供達が「たまごっち」のキャラクターとサイト内で楽しく遊びながらネットの使い方を学ぶことができる6~12歳の小学生を対象にしたサービス。パズルやミニゲームを楽しめるほか、子供達だけでも安心安全にサービスを利用できる様々な機能・サポートを搭載しており、自分の友達にメッセージを送るといったコミュニケーションをとりながら、近い将来経験するネットサービスへの対応力や利用ルールが自然と身に付く仕組みとなっている。主なコンテンツは以下のとおり。

パズル・ゲーム
数を数える問題や計算問題などの知育パズルや、シンプルで楽しいミニゲーム

クエスト(ミッション)
サイト上に点在する「タウン」で困っているたまごっちたちのお手伝いをするミッションが発生する

マイルーム
プレーヤー基本画面。マイルーム(部屋)を装飾したり、自分のキャラクターや所持しているアイテムが確認できる

キャラクターカスタマイズ
自分の選んだキャラクターを「たまもり」(重ねアレンジ)でカスタマイズすることができる

パーク/ガーデン
泉にアロマボールを入れると出現する香りの組み合わせによって、さまざまな「たまペット」がパークに登場。「たまペット」と友達(たまとも)になると、自分のガーデンに遊びにきてくれ「たまペット」たちの愛らしい姿を楽しむことができる

フレンド機能
プレーヤー同士は友達(たまとも)になることができ、フレンド登録することができる

メッセージ機能(たぶれっち)
フレンド登録したプレーヤー同士はメッセージを送り合うことができる
※メッセージは誰からでも自由に閲覧可能で、「WEB上で人に見られている」ことを意識させることで、ルールを守りたくなる環境を創出

クリックギミック
タウンやマイルーム内のアイテムをクリックすると、いつもは動いていないものが動き出し触れると動く、というギミックが楽しめる

利用は無料だがログインにはバンダイナムコIDの登録が必要で、対応環境はPCのみ。今後はスマートデバイスへの対応や有料会員向けのサービスも展開していく予定で、初年度は会員数30万人を見込んでいるという。

バンダイナムコゲームス、「たまごっち」のキャラと遊びながらネットの使い方を勉強できる子供向け仮想空間「TamaGoLand」を5/1にオープン3

バンダイナムコゲームス、「たまごっち」のキャラと遊びながらネットの使い方を勉強できる子供向け仮想空間「TamaGoLand」を5/1にオープン4

バンダイナムコゲームス、「たまごっち」のキャラと遊びながらネットの使い方を勉強できる子供向け仮想空間「TamaGoLand」を5/1にオープン5

バンダイナムコゲームス、「たまごっち」のキャラと遊びながらネットの使い方を勉強できる子供向け仮想空間「TamaGoLand」を5/1にオープン5

Comments are closed.