サイバーエージェントと凸版印刷、NFC搭載スマホをかざすだけで”いいね!”がカウントされるO2Oプロモーションサービス「リアルいいね!S」を販売開始

 

サイバーエージェントと凸版印刷、NFC搭載スマホをかざすだけで”いいね!”がカウントされるO2Oプロモーションサービス「リアルいいね!S」を販売開始

株式会社サイバーエージェント凸版印刷株式会社が共同で、凸版印刷が開発した新たなO2Oプロモーションサービス「リアルいいね!S」の提供を2月下旬より開始すると発表した。

「リアルいいね!S」は、NFC搭載スマートフォンをICタグにかざすと、Facebook上に“いいね!”ができるO2Oプロモーションサービス。具体的には、イベント参加者がICタグにNFC搭載スマートフォンをかざすと、Facebook上の「リアルいいね!S」アプリがインストールされ、“いいね!”を送信することができるというもの。“いいね!”の送信にO2Oプロモーションシステム「LinkPlace」を活用し、またICタグの情報配信にはコンテンツ配信サービス「Cylsee(シルシー)」を活用しクラウド上でコンテンツ情報を管理する。
なお、同サービスは2013年3月13〜14日に行われる宣伝会議主催のイベント「宣伝会議 AdverTimes DAYS 2013」(アドタイ・デイズ)に採用が決定しているとのこと。同イベントは広告マーケティングの専門誌「宣伝会議」の60周年及び「宣伝会議賞」50周年を記念し行われるイベントで、会場には過去50年分の「宣伝会議賞」受賞作品と同イベントで発表予定の本年度の「宣伝会議賞」ファイナリストの作品29点が並ぶ。来場者は自分が気に入った作品に貼付されたICタグ内臓「Cylsee」にNFC搭載スマートフォンをかざすと、自動的にFacebook上に“いいね!”が送信され作品の情報をシェアすることができる。
なお、「リアルいいね!S」は、凸版印刷がO2Oプロモーションシステム「LinkPlace」とNFCコンテンツ配信サービス「Cylsee」を活用したNFC関連の技術提供を担当し、サイバーエージェントがNFC搭載スマートフォンを活用したプロモーション企画・マーケティング企画を担当する。両社は今後、商業施設や店舗、企業のイベントなどでのO2Oプロモーションサービス「リアルいいね!S」の提供を進め、2013年中に30件の採用を目指すとしている。

サイバーエージェントと凸版印刷、 NFC搭載スマホをかざすだけで”いいね!”がカウントされるO2Oプロモーションサービス「リアルいいね!S」を販売開始

■ 「宣伝会議 AdverTimes DAYS 2013」について
http://www.sendenkaigi.com/event/days/
開催日時:2013年3月13日(水)、14日(木) 9:30~17:30
開催場所:東京国際フォーラム 展示ホール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket