アプリ ゲーム ニュース

一番モバイル向けソーシャルゲームをプレイしているのは35〜44歳---独リワードネットワークのSponsorPayが調査

投稿日:

スクリーンショット 2013-02-20 12.26.42

ドイツに拠点を置く欧州最大のリワードネットワークのSponsorPayが、モバイル向けゲームの隆盛を表すインフォグラフィックを発表した。それによれば、モバイルゲームのメインユーザーは25〜54歳までの大人で、その中でも最もプレイしている年齢層は35〜44歳だという。ユーザーの男女比に於いては、PC向けソーシャルゲームでは女性:男性=54%:46%、モバイルゲームでは女性:男性=53%:47%といずれも女性の方が若干上回った。

現在SponsorPayはスマートフォン/タブレット向けのゲームアプリでリワード広告配信を手がけているが、世界的にモバイルゲームがブームになりつつあり、特にアメリカでの成長が著しいとのこと。アメリカでは2011年以降一気にユーザーが増え、現在のモバイルゲームのユーザーは約2億1100万人だという。また一週間あたりのプレイ回数については、毎日プレイしているというユーザーが57%と半数を超え、さらに1日のうち1時間以上プレイしているというユーザーも54%に上った。さらにユーザーがどこでモバイルゲームをプレイしているかというデータでは、ベッドの中でプレイしているユーザーが31%と最も多く、寝ながらプレイしているユーザーが多いことがうかがえる。全てのデータは以下のとおり。

一番モバイル向けソーシャルゲームをプレイしているのは35〜44歳---独リワードネットワークのSponsorPayが調査2

-アプリ, ゲーム, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.