ニコニコアプリでも未成年ユーザーに超過課金発生 50人に186万円

 

ニコニコアプリでも未成年ユーザーに超過課金発生 50人に186万円

株式会社ドワンゴが、同社が運営するソーシャルゲームプラットフォーム「ニコニコアプリ」にて障害が発生し、18歳未満のユーザーが課金の上限額を超えて利用できる事象が発生していたと発表し謝罪した。対象者は50名で超過金額は合計185万7850ポイント分(1ポイント1円)。

障害が発生した期間は2012年12月17日~2013年2月4日。障害は18歳未満と登録しているユーザーがニコニコアプリ内でニコニコポイントを使用する際に、未成年ユーザーに課せられている1カ月1万ポイントの上限を超えて決済できる状態になっていたというもの。同社では4日にプログラムを修正しており、対象ユーザーには個別に連絡して超過分のポイントを返還するとのこと。なお、同社は今後決済システムにおける検証ツールでの定期的な監視による再発防止措置の強化と、開発・監視に関わる社内運営体制のより一層の強化を行うとしている。

未成年ユーザーへの超過課金は先日GREEでも発覚しており、超過総額4937万円にのぼったことを発表し謝罪している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket