パリ・ファッション・ウィークに3Dプリンタ製の服が登場

   2013/02/02

パリ・ファッション・ウィークに3Dプリンタ製の服が登場1 パリ・ファッション・ウィークに3Dプリンタ製の服が登場2

ファッションブランド「Iris van Herpen」と米Objet傘下の3DプリンタメーカーのStratasys、CAD ソフトを開発・提供するMaterialiseの3社がコラボレーションを行い、現在開催中のパリ・ファッション・ウィークでのIris van Herpenのオートクチュール・ショウ「VOLTAGE」にて3Dプリンタで出力したドレスを披露した。

パリ・ファッション・ウィークに3Dプリンタ製の服が登場3 パリ・ファッション・ウィークに3Dプリンタ製の服が登場4

上の白い2ピースのドレスは全体にお米のような細かいテクスチャーがあり、下のワンピースは全体がメッシュ構造になっている。ドレスのデザインはMITメディアラボの教授でもあるデザイナー・建築家のNeri Oxman氏し、出力はObjet Connexシリーズの3Dプリンタで硬い素材と柔らかい素材の双方を使用して行われた。そのため素材が体の動きを妨げることはないという。なお、ショウが終了したあとドレスはMITに展示される予定とのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket