デジターボとネクストリー、Mobageにてソーシャルゲーム「魔法少女まどか☆マギカ Plus」を提供開始

 

デジターボとネクストリー、Mobageにてソーシャルゲーム「魔法少女まどか☆マギカ Plus」を提供開始

株式会社デジターボ株式会社ネクストリー株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)が、Mobageにてソーシャルゲーム「魔法少女まどか☆マギカ Plus」の提供を開始した。

「魔法少女まどか☆マギカ Plus」は、人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」を題材にしたソーシャルゲーム。ユーザーは「鹿目まどか」「暁美ほむら」「巴マミ」「美樹さやか」「佐倉杏子」の中からパートナーとなる魔法少女を1人選び、様々な場所を探索して魔女を戦うソーシャルRPG。探索を進めると途中で「キュゥべえ」が現れ、”契約”すると一定の確率によりアニメの劇中の絵をモチーフにしたキャラクターのカードがGETでき、それを合成して強化/進化させデッキを組んで魔女や他のユーザーと戦う。ゲーム中の「魔女結界」の描写ではアニメ魔女のデザインや異空間の描写を担当した劇団イヌカレーのアートワークが再現されている。

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project
(C)Digiturbo/(C)Nextory

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket