リアルのトレーディングカードとiOS向けゲームアプリを活用した子供向け教育ゲーム「Animal Planet Wildlands」

 

米サンフランシスコに拠点を置くスマートフォン向けゲームアプリディベロッパーのNukotoysが、現実の紙製のトレーディングカードとiOSアプリを組み合わせた子供向けの教育用ゲームアプリ「Animal Planet Wildlands」をリリースしている。(残念ながら日本からはダウンロードできない)

「Animal Planet Wildlands」は、端末でアプリを起動し、画面上の所定の場所にトレーディングカードを置いて認識させると、そのカードに描かれている野生動物がゲーム中に登場するというもの。ゲームはフル3Dとなっているため360°どの方向からも動物を観察することができる。また動物を”ミックス”することも可能で、例えば象のカードを認識させた後にシマウマのカードを認識させると、象の体の色がゼブラ柄になる。アプリ自体のダウンロードは無料で、カードは1パック1.99ドルでトイザらス、ウォルマート、ターゲットといった小売店で販売されている。なお、Nukotoysはこれと同様のシステムでモンスターを対戦させる「Monsterology」もリリースしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket