スクウェア・エニックス、iOS向けカードバトルRPG「ガーディアン・クルス」をリリース

 

スクウェア・エニックスが、スマートフォン向けカードバトルRPG「ガーディアン・クルス」のiOS版をリリースした。ダウンロードは無料。

「ガーディアン・クルス」は、完全オリジナルシステムを搭載した魔獣カードバトルRPG。プレイヤーは120体以上存在する魔獣ガーディアンを捕らえ、育成し、1000年前に滅んだはずの神獣が復活した謎を解き明かすストーリーや、他ユーザーとのオンラインコロシアムバトルへと挑み、最強のガーディアンチーム作りを目指す。同タイトルの制作には「ファイナルファンタジー」シリーズでアククティブタイムバトルを考案した伊藤裕之氏が企画原案で参加しているほか、コンポーザーを水田直志氏(FFXI、FFXIII-2ほか)、キャラクターデザインをオグロアキラ氏(FFIV ジ・アフター、FFレジェンズほか)が担当するなど、FFシリーズの開発に携わってきたクリエイターが結集。さらに、カードイラストは伊藤龍馬氏ほか豪華なイラストレーター陣が描いている。
なお、同社のカードバトルRPG「拡散性ミリオンアーサー」iOS版をプレイしているユーザーは、「ガーディアン・クルス」をダウンロードすると拡散性ミリオンアーサー内で使用できる限定カード「第二型シュバック」を手に入れることができる。さらに「ファイナルファンタジーXI」、「ファイナルファンタジーXIV」とタイアップした友達招待キャンペーンも実施しており、ゲーム開始時に招待IDを使用すると、招待した側、招待された側双方がモーグリ・マンドラゴラ・イフリートなどお馴染みのキャラクターカードを入手することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket