講師は明和電機の土佐信道氏ら、青森にて「青い森のメディアアートワークショップ」開催

 

青森県にて、文化庁メディア芸術人材育成支援事業の一環としてメディアアート作品の製作を通じ創作性を高めるためのワークショップ「青い森のメディアアートワークショップ」が開催される。

「青い森のメディアアートワークショップ」は、アートやIT、映画、アニメ、ゲームコンテンツなどメディアアートの才能を、青森のユニークな地域資産とシンクロし開発するためのもの。コースは「インスタレーション・ガジェットコース」と「インタラクティブコース」の2つが用意されておりどちらも合宿形式で行われる(日程・日数はそれぞれ異なる)。講師はクリスピン・ジョーンズ氏(インタラクションデザイナー:UK)、鈴木太朗氏(メディアアーティスト)、土佐信道氏(明和電機:メディアアーティスト)で、優秀な作品は弘前、青森、東京にて展示される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket