今年もやります!北米空軍のサンタクロース追跡実況「NORAD Tracks SANTA」

 

アメリカとカナダが共同で運営する軍事組織「北米航空宇宙防衛司令部(North American Aerospace Defense Command:以下NORAD)」によるサンタクロースを追跡する国家事業「NORAD Tracks SANTA」が今年も始動した。

「NORAD Tracks SANTA」とは、NORADが大真面目にサンタクロースの行き先を追跡しその情報を逐一世界中に発信する毎年恒例の伝統的イベントで、起源は1955年までさかのぼる。当時、アメリカの大手スーパーのSearsがクリスマスシーズンにちなみ「サンタクロースの家に電話しよう!」というイベントを実施したが、広告に間違った電話番号を掲載してしまった。しかも運の悪いことに(?)間違えた電話番号は偶然にもアメリカ中央防衛航空軍基地(CONAD)の司令官であるHarry Shoup大佐へのホットライン。いきなり子供からの「サンタさんに伝言をお願い!」という電話を受ける羽目になったShoup大佐は最初は面食らったものの、子供の夢を壊してはいけないと思った彼はとっさに「サンタクロースは北極圏にある自宅から南に飛び立った」と回答。そしてすぐに部下達に「子供から電話がかかってきたらサンタクロースの現在位置を教えるように」と命令した。後日このSearsの不手際は一般に知られることとなったが、その際のCONADの機知に富んだ行いは高く評価され、以降米空軍は毎年偵察衛星やレーダー、戦闘機などを駆使して「サンタクロースの追跡実況」をするようになり、1958年からはNORADがアメリカ・カナダ共同国家事業として行うこととなった。現在では軍の最新鋭機器を反映し、「トナカイの赤い鼻から放出される熱源をミサイル検知用の赤外線探知機で追跡する」という”設定”ができており、サンタクロースの出発を偵察衛星で確認、飛行経路を赤外線探知機で探知しカナダから戦闘機を飛ばして追跡している(ことになっている)。また現在ではGoogleやFlickr、Facebook、Twitterといった民間企業も同事業に協力し様々なクロスメディア展開が行われる。特にGoogleでは、Shoup大佐の孫であるCarrie Farrell氏が同社スタッフであるご縁からYouTubeにサンタクロースの動画をUPしたりGoogle EarthやGoogle Mapで現在位置追跡を表示したりと同社の全サービスを使用して全面協力。今年はGoogle+に専用ページもオープンした。なお、同事業の専用AndroidアプリとiPhoneアプリもリリースされているので、12月24日は様々なソーシャルメディア上でサンタの現在位置を追ってみよう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket