GREE、2012年4~6月期に「GREE Platform」をグローバル展開

 

グリー株式会社が、2012年4~6月期に、日本で提供する「GREE」と今年4月に買収した「OpenFeint」のブランド、ユーザーベース、ソーシャルメディア、ソーシャルプラットフォームの全てを統一した「GREE Platform」をグローバルで展開すると発表した。

新たな「GREE Platform」は、世界1.5億ユーザーを抱えるワンプラットフォームで、ゲームプラットフォームとしては世界最大級となる。このプラットフォームにより、日本のGREEパートナーは一度の開発で世界1.5億ユーザーにシームレスにアプリ配信が可能となり、また日本以外の海外のGREEパートナーは日本の湯GREEユーザー向けに自社のアプリを提供することができるようになる。
なお、プラットフォームのブランドはこれまでと同様「GREE」ブランドで提供される。現在「GREE Platform」で提供中の「Unity Plugin for GREE」を含むミドルウェアサポート、「GREE Ad Program」などの各種支援サービスもこれまでと同様にグローバルプラットフォーム上でも提供される。利用可能OSはAndroidとiOS。

既にグローバルプラットフォームには、株式会社カプコンや株式会社コーエーテクモゲームス、株式会社コナミデジタルエンタテインメント、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社セガ、株式会社タイトー、株式会社バンダイナムコゲームスの大手7社による大型タイトルの提供をはじめ、7,500以上ものソーシャルアプリの提供が決まっているという。加えてGREE内製のスマートフォン向けアプリも、米国や中国のゲームスタジオで製作したものを含め全タイトルが順次グローバル対応予定とのこと。グローバルプラットフォームの詳細は12月6日11時に公開される。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket