mixi、「「mixi API SDK for Android」を公開 mixiアプリがAndroidクライアントアプリとして開発可能に

   2011/05/27

株式会社ミクシィが「mixi API SDK for Android(TM)」の提供を開始した。今後ディベロッパーはSNS「mixi」のソーシャルグラフやmixiへ投稿されるフォト情報などを利用したmixiアプリをAndroidクライアントアプリとして開発できるようになる。

これにより、Android端末のカメラ機能や位置情報、タッチパネルなどのスマートフォンの機能と連携したmixiアプリの開発が可能になるほか、Androidクライアントアプリとして開発されたmixiアプリでは、アプリ上から直接マイミクへ参加するアプリの招待を送ることができるようになる。今後、「mixi API SDK for Android」でのmixiペイメントプログラム(課金機能)への対応や、iPhoneクライアント(iOS)アプリとして「mixiアプリ」を開発するためのSDKの提供も予定している。
尚、今回のSDKを用い開発される「mixiアプリ」の公開は6月下旬から7月上旬頃を予定しているとのこと。またスマートフォン向けにmixiアプリを開発するディベロッパーを対象としたコンテスト「mixi アプリアワード 2011(仮称)」の開催も予定しているという。こちらの詳細は後日、mixi Developer Centerにて発表される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket