ソーシャルアプリプラットフォーム「aima」と読売ファミリー・サークルが事業提携

 

オープンアプリプラットフォーム「aima」(あいま)を運営するACCESSPORT株式会社と、国内最大の新聞社系友の会組織「読売ファミリー・サークル」(以下YFC)を運営する株式会社読売情報開発が事業提携を行った。読売新聞読者ほか10万人のYFC会員へ情報提供を行うYFCポータルサイトにて本日2月1日(火)より「YFCオンラインゲーム」の提供を開始する。


「YFC オンラインゲーム」は、aimaに参加中のソーシャルゲームをYFC会員へ向けて提供するサービス。現在「農場パラダイス+(プラス)」や「街を作って♪キュービッツ」、「WEB三国志危機一髪 for aima」など様々なタイトルが公開されており、どれも基本プレイ無料で楽しむことができる。また「Google」「mixi」「Yahoo!」「twitter」「livedoor」「Excite」「BIGLOBE」の7つの主要OpenIDに対応しているので、新たに特別なID登録も不要。今後aimaは順次新しいタイトルを追加していく予定とのこと。
YFCポータルサイト
http://yfc.yomiuri-johkai.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.