AR ニュース

顔認識ARで赤鼻(?)になろう!イギリスのチャリティ事例

更新日:

顔認識ARで赤鼻(?)になろう!イギリスのチャリティ事例

フランスの大手AR企業Total Immersionが、ちょっと変わったチャリティに因んだAR(拡張現実)コンテンツを製作した。

イギリスには毎年3月に「Red Nose Day」と呼ばれるチャリティの日があるという。この日は非営利団体のComic Reliefがスーパーなどで販売する寄付金付きのスポンジ製の赤い鼻をみんなで顔につけて過ごすというもので、赤い鼻の収益は後日Comic Reliefを通じて貧困国の子供たちやドメスティックバイオレンスの被害者の救済などに使われる。
今年のRed Nose Dayは3月18日だが、Total Immersionではこの日の周知のために顔認識技術を使用したARコンテンツを製作した。Red Nose Dayの公式サイト内にある専用ページで自分の顔をWebカメラに映すと、自分の顔の上にComic Reliefが販売する赤い鼻が重ねて表示される。赤い鼻の種類を変えて様々なバリエーションを試すことも可能だ。

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.