農作物とゾンビを一緒に育てて他人の農場を襲うiPhone向けソーシャルゲーム「Zombie Farm」、730万ダウンロード突破

   2012/12/30

農作物とゾンビを一緒に育てて他人の農場を襲うiPhone向けソーシャルゲーム「Zombie Farm」、730万ダウンロード突破

米ソーシャルゲームディベロッパーのPlayforgeが提供するiPhone向けソーシャルゲームアプリ「Zombie Farm」のダウンロード数が730万を突破した。

「Zombie Farm」は農作物とゾンビを育てて隣人の農場を襲う農業系シミュレーション・ソーシャルゲーム。プレイヤーは自分の畑に種や死体を植えて様々な種類の農作物やゾンビを育てることができる。育てたゾンビは引き連れて隣人を襲うことも可能で、勝つとアイテムや仮想通貨などのボーナスを獲得できる。またレベルが上がると野菜とゾンビが混ざった”ミュータントゾンビ”を生み出すこともできるほか、自分のアバターも吸血鬼やゾンビにすることができる。
同アプリはダウンロード無料・アイテム課金制(0.99ドル~)となっているが、先日AppStoreが発表した「Overall Top 10 GROSSING iPhone Apps」(アプリ売上Top10)にもランクインするほどの人気を獲得している。デイリーアクティブユーザーは約200万人とのこと。尚、Facebook版もリリースされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket