アプリ ニュース

メルカリ、2018年よりスキルシェアサービス「teacha」を開始 本日より事前登録受付とパートナー企業・地方自治体の募集を開始

投稿日:

メルカリ、2018年よりスキルシェアサービス「teacha」を開始 本日より事前登録受付とパートナー企業・地方自治体の募集を開始

株式会社メルカリが、フリマサービス「メルカリ」(iOS/Android)の姉妹アプリとして、語学学習・習い事などのスキルや個人が持っている知識のマッチングサービス「teacha」(ティーチャ)を来春開始すると発表した。併せて本日よりティザーサイトを公開し、「教えたい」人と「学びたい」人の事前登録受付およびパートナー企業・地方自治体の募集を開始した。なお、同サービスの運営はグループ会社である株式会社ソウゾウが行う。

「teacha」は語学学習・習い事などのスキルや、個人が持っている知識のマッチングに特化したCtoCサービス。誰でも自分の得意なことや知識を簡単に人に教えることができ、また興味のある内容を気軽に学ぶことができる。語学・プログラミング・資格取得・料理・音楽・スポーツ/アウトドア・ハンドメイド等の幅広い分野を対象とし、1時間単位から「教える」「学ぶ」ことができるので、従来の習い事や講座等に比べて気軽にチャレンジすることができる。事前登録した人には、一般公開に先行して対応エリアにあわせて招待制での案内を予定しているとのこと。
また教育関連の事業者や、学びの場となるスペースの提供・活用を検討している事業者、生涯学習の推進を検討している地方自治体等のパートナーも募集する。問い合わせは以下より。

「teacha」事業に関心のある企業・地方自治体向け問い合わせ窓口
teacha(at)mercari.com

-アプリ, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.