AR ニュース

Dassault Systemes、昨年に引き続きリュック・ベッソン監督の最新映画のプロモーションを実施 今回は立体視とARの併せ技

更新日:

Dassault Systemesが、昨年に引き続き今年もフランスの巨匠リュック・ベッソン監督の最新アニメーション映画のプロモーションコンテンツを開発した。今年はAR(拡張現実)だけでなく3D立体視を使用したゲームを提供している。

同コンテンツは、ベッソン監督の最新アニメーション映画「Arthur 3 – The War of the Two Worlds」(3部作のうち最終章にあたる)とネスレのタイアップ・プロモーション企画のため制作されたもの。ネスレのシリアルの箱にARマーカー付きの立体視メガネを付属(印刷)して販売。それを購入者が組み立てて装着し、Webカメラを起動させた状態で専用サイトにアクセスすると、映画の劇中の世界をモチーフにした3Dのレースゲームで遊ぶことができる。ゲームプレイにコントローラーやキーボード、マウスは基本的に不要。立体視メガネに付いているARマーカーがセンサーの役目を果たすようになっており、プレイヤーは頭や体を動かすだけでゲーム内のバイクを運転することができる。尚、バイクはパーツを組み合わせてカスタムすることもできるほか、シリアルの箱に付いているARマーカーを画面にかざして異なるレーシング・トラックを探す機能もある。

ゲームの専用ページはこちら
http://www.arthurcourse.com

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.