KLabのソーシャルゲーム「恋してキャバ嬢」、ユーザー数500万人突破

 

KLabのソーシャルゲーム「恋してキャバ嬢」、ユーザー数500万人突破
KLab株式会社がmixiモバイルとGREE、モバゲータウン、Yahoo!モバゲーにて提供しているソーシャルゲーム「恋してキャバ嬢」のユーザー数が500万人を突破した。


「恋してキャバ嬢」は、2009年12月よりmixiアプリに提供を開始して以降、国内の3大プラットフォーム全てに展開している育成系ソーシャルゲーム。提供開始から約半年で300万人、8ヶ月弱で400万人のユーザーを獲得し、それから2ヶ月あまりでの500万人を突破した。同ゲームのプレイヤーは「キャバ嬢」になり、キャバクラに出勤して接客してレベルを上げたり自分のアバターをコーディネイトできる。グラフィックやUIが女性を意識した設計になっており、同社によれば従来あまりゲームをしていなかった女性(大半がF1層)を取り込んだことがユーザーの拡大につながったとのこと。
恋してキャバ嬢
http://www.klab.jp/koicaba/
KLab株式会社
http://www.klab.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.