AR イベントレポート ニュース レポート

【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010

更新日:

最先端のデジタル技術を体験できる毎年恒例のイベント「DIGITAL CONTENT EXPO 2010」がお台場の日本科学未来館と東京国際交流館にて昨日より開幕した。今年は国内外共に3D立体視とAR(拡張現実)に関する展示がてんこ盛りな内容になっている。特にラブプラス紳士は要チェックだ。

■身長3mのカノジョ
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
こちらは株式会社コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)のブース。、「第25回デジタルコンテンツグランプリ」の優秀賞を受賞した「ラブプラス+」やiPhone&iPad向けアプリ「ラブプラス i」を展示しているほか…
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
「ラブプラス i」対応のARマーカーを設置しカノジョと記念撮影できる場所も用意している。しかしこのブース脇にあるマーカーはかなり巨大で、
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
「ラブプラス i」のARモードを起動すると、かなり後ろまで下がらないと全身を写すことができない身長3メートルの”巨大カノジョ”が出現する。
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
但し、もちろん小さいサイズのマーカーも用意されているので
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
等身大カノジョとツーショットで記念撮影することも可能だ。デジタルコンテンツEXPO観賞の記念に是非どうぞ!
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
ちなみにこのカノジョとの記念撮影用ARマーカーだが、なぜか会場のいたるところに設置されていた。こちらはYAMAHAの「Y2 AUTUMN 2010」のVOCALOIDのブース。鏡音リン&レンとも一緒に写真が撮れる。
■ミニサイズのカノジョをツンツンしてみる
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
こちらは東京大学大学院情報理工学系研究所/慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科のブース。先のKONAMIの協力のもと、指先に装着した「触覚インターフェース」を使うことで立体ディスプレイ上に浮かび上がる2等身の”ミニカノジョ”に触った感触を生成する「RePro3D」を展示していた。ミニカノジョは3DCGなのでもちろんそこには存在していないのだが、そのカノジョに指を伸ばすと触覚インターフェースが指に圧力を加え、あたかもカノジョをツンツンしているかのような感覚を生み出す。タイムラグもほとんどなく、ずっと指でカノジョを押すとその方向へ自然に移動するというインタラクティブな機能もある。自分のカノジョに触れてみたいと思っている人は(ミニサイズではあるが)この機会に試してみては如何だろうか。
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
尚、こちらのブースにも記念撮影用のARマーカーが設置されていた。
■味が変わるARクッキー
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
こちらは東京大学 廣瀬・谷川研究室の、ARと香りによってプレーンなクッキーの味を変える「MetaCookie+」のブース。クッキーの見た目と香りを変化させることで食べた時の味を変えるというシステムで、普段いかに「視覚」と「嗅覚」でものを食べているかが実感できる。仕組みは、プレーンクッキーの上にARマーカーを焼きつけ、それをヘッドマウントディスプレイ(HMD)に認識させることでクッキーの表面に「チョコ」「メープル」「紅茶」「ストロベリー」「レモン」「アーモンド」など様々な種類のクッキーの画像を重ね、さらに嗅覚ディスプレイを用いて画像と連動したクッキーの香りを出すというもの。但し食べるとクッキー表面のARマーカーが欠けてしまうので体験できるのは一口目のみ。
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
尚、クッキーにARを焼きつけるプリンタも傍らにあったのだが、よく見てみると「MetaCookie+」と関係無いARマーカー…というかラブプラス iのマーカーが(あとキャラクッキーも)。
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
試しにiPhoneをかざしてみたら…なんとちゃんと認識した!クッキーの上に立つミニカノジョ、なんだかシュールな光景だ。
【レポート】3メートルのカノジョの写真を撮ったりミニサイズのカノジョをツンツンしたり…DIGITAL CONTENT EXPO 2010
そしてこちらにも記念撮影用のARマーカーの設置アリ。
「DIGITAL CONTENT EXPO 2010」の開催は17日(日)まで。もちろん一般入場可能となっているので週末時間のある人は最新技術を体験してみよう。
DIGITAL CONTENT EXPO 2010
http://www.dcexpo.jp/
関連記事:
「ラブプラス」&「ラブプラス+」、「デジタルコンテンツグランプリ」優秀賞を受賞

-AR, イベントレポート, ニュース, レポート
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.