島根県が「Ruby合宿2010」を開催 まつもとゆきひろ氏も講演

 

島根県が「Ruby合宿2010」を開催 まつもとゆきひろ氏も講演
島根県が、 大学、高等専門学校、高等学校の学生等を対象に、同県松江市在住のまつもとゆきひろ氏が開発したオープンソースのプログラミング言語「Ruby」を学ぶ5日間の合宿形式の講座を3回開催する。合宿には県内のIT企業にも参加してもらい、参加学生と企業が意見交換を行うなど交流する機会も設けられる予定。


「Ruby合宿」は島根県が2008年から開催しているイベント。今年はRubyでAR(拡張現実)アプリを製作するAR(拡張現実)コースを新設し計3回実施する。また合宿中に国際会議「RubyWorld Conference 2010」にも参加するという。
Ruby合宿
http://www.pref.shimane.lg.jp/sangyo/rubycamp.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.