アメリカのテレビアニメ「Tiny Planets」、子供向け仮想空間をオープン

   2013/06/19

アメリカのテレビアニメ「Tiny Planets」、子供向け仮想空間をオープン

アメリカの3Dアニメ「Tiny Planets(日本名:タイニープラネット)」が、同番組を視聴している4~12歳くらいの子供を対象とした仮想空間「TinyPlanets.com」をオープンした。

「Tiny Planets」はアメリカのセサミワークショップとイギリスの3DCG制作会社のペッパーズ・ゴースト・プロダクションが共同制作したテレビアニメ番組。日本でも一時期NHK教育テレビが日本語吹き替え版を放送していた。
「TinyPlanets.com」は番組の世界観をそのまま再現したWebブラウザベースの仮想空間で、ユーザーは自分のアバターをカスタムし他のユーザーと様々なゲームで遊んだり、仮想通貨「Keys」を稼いで仮想アイテムを購入し自分の惑星を作ったり、宇宙船に乗って惑星間を冒険できる。なお、アカウント作成については独特の制限があり、まず先に保護者のアカウントを作成しなければユーザー本人(子供)のアカウントが作れないようになっている。

Tiny Planets: Bing Bong Bell [DVD] [Import]
Tiny Planets: Bing Bong Bell [DVD] [Import]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.