スペースアウト、 紙媒体と連動したARビューアー「pARalell」を開発

 

スペースアウト、 紙媒体と連動したARビューアー「pARalell」を開発
株式会社スペースアウトが、株式会社博報堂DYメディアパートナーズが立案する広告企画に協力し、AR(拡張現実)ビューアー「pARalell」(パラレル)を開発した。


「pARalell」はスマートフォンに特化したARビューアー・アプリで、主に紙媒体やデジタルサイネージ等を設置しているリアル店舗とのメディアミックスとして活用できる新たなARアプリ。紙媒体の広告や雑誌の編集紙面、店頭ディスプレイ等に印刷されたARマーカーをスマートフォンのカメラで撮影すると、より詳細な商品情報を画面上で閲覧できるといったことが可能になる。
同社では「pARalell」導入第一弾として弾として、5月24日発売の雑誌「GOETHE7月号」(幻冬舎)の広告企画に対応したiPhoneアプリ版を開発。 同アプリを使用すれば誌面広告から立体画像や動画情報を提供することができるという。今後はiPhone版のバージョンアップに加え、iPad版とAndroid版も展開していく予定とのこと。
株式会社スペースアウト
http://www.spaceout.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.