構造計画研究所、ARで作業を支援するシステム「RemoteGuideware(リモートガイドウェア)」をリリース

 

構造計画研究所、ARで作業を支援するシステム「RemoteGuideware(リモートガイドウェア)」をリリース
株式会社構造計画研究所が、通信技術とAR(拡張現実)技術を使用した作業遠隔支援システム「Remote Guideware(リモートガイドウェア)」を5月17日より販売を開始すると発表した。


「Remote Guideware」は、遠方にいる現場作業者が持つ端末を介して現場の映像や音、静止画、テキストなど様々様々なデータを通じて指示者側とリアルタイムにコミュニケーションを図ることができるシステム。またデータベースシステムとの連携において、音声、映像、テキストなどのコミュニケーション内容の記録も残すことができる。今後は拡充機能を行い、さらに現場で利用しやすいようヘッドマウンテッドディスプレイなどを用いたメガネ型ハンズフリーモデルも販売する予定とのこと。
株式会社構造計画研究所
http://www4.kke.co.jp/mot/rem-gw/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.