Zynga、仮想アイテム売買サイトを告訴

   2012/08/07

Zynga、仮想アイテム売買サイトを告訴

大手ソーシャルゲームディベロッパーのZyngaが、サードパーティの仮想アイテム売買サイト「PlayerAuctions」を著作権違反で告訴した。

PlayerAuctionsは世界的にサービスを展開している仮想アイテム売買サイト。世界中のMMOや仮想空間、ソーシャルゲーム、SNSなどで提供されている仮想アイテムをユーザー間で現実の通貨で取引できる。
同サイトではZynga社の人気ソーシャルゲームである「FarmVille」や「Mafia Wars」などのアイテムも取引されていたが、同社ではこれをゲームの規約違反及び著作権侵害であるとし告訴に踏み切った。

訴状はこちら(PDF)
http://www.iptrademarkattorney.com/Zynga-trademark-copyright-attorney-infringement-33.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.