岐阜県、県内の全市町村に県公式のセカイカメラ”エアタグ”を整備完了

 

岐阜県が、県の「GIFU・iPhone プロジェクト」の一環として、県内全域の観光情報などをiPhone向けAR(拡張現実)アプリ「セカイカメラ」のエアタグとして登録した。昨年5月から進め、先月の3月末を以て県内全市町村でのエアタグ整備が完了したという。


エアタグ登録件数は合計3711件にも上り、一部の市や町には日本語だけでなく英語、中国語、韓国語、ドイツ語表記のエアタグもある。内訳は以下のとおり。

岐阜県、県内の全市町村に県公式のセカイカメラ”エアタグ”を整備完了

尚、4月26日には県内市町村等行政職員を対象としたセカイカメラの利活用に関する講習会も開催される。今後県内各地域での主体的な事業展開を図るとともに、協力体制を構築していく予定とのこと。
プレスリリースはこちら(PDF)
http://www.pref.gifu.lg.jp/contents/news/s113/s11338/z00000082/files/100413_air-tag.pdf
関連記事:
歴女必見!セカイカメラを通して「関ヶ原の戦い」を見てみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.